齋藤拙堂顕彰会ホームページ

津市が誇る歴史上の人物「齋藤拙堂」の偉業を伝える

齋藤拙堂顕彰会会則

第1条(名称)本会は齋藤拙堂顕彰会(略称・拙堂会)と称する。
第2条(事務所)本会の所在地は常務理事宅とする。
第3条(目的)本会は郷土津の先賢・齋藤拙堂の遺業を顕彰する。即ち拙堂の残した学問的、文学的、経世的価値をより深く認識して、これを現代社会に明らかにする。さらにその価値を現代に生かす工夫をこらし、その成果を会員のみならず地域住民の文化振興、次世代が新しい時代を切り開くための精神的支柱として役立てることを目的とする。
第4条(活動の種類)本会は前条の目的を達成するため次に掲げる種類の活動を行う。
  1 拙堂及びその時代に関する文化遺産を現代人に分かる言語に訳し出版する活動
  2 拙堂及びその時代に関する文化遺産を保護し、広く各世代の人々に知らせる活動
  3 拙堂及びその時代の文化遺産を活用して新しい文化価値を生み出す活動
第5条(事業)本会は次の事業を行う。
  1 拙堂の遺作、伝記資料の現代語訳とその出版
  2 拙堂の事績のインターネット等の新情報技術を活用した広報活動
  3 拙堂関係の展覧会の開催、講演会等の開催、教育、普及の活動
  4 拙堂の遺跡等の表示板の設置、或いは詩碑、銅像、石造などの設置
  5 拙堂に関する文芸作品の募集、また会報の発行
  6 その他第3条の目的を達成するに有効な事業
第6条(会員)本会の会員は第3条の目的に賛成し、年会費一口以上を負担する個人及び団体とする。
第7条(会費及び寄付金)本会の支出は会費及び寄付金によりこれを支弁する。
 Ⅱ 個人の年会費は一口2,000円で一口以上、団体の年会費は一口10,000円で一口以上とし所定の銀行口座に期限までに振り込むものとする。
但し、入会初年度に限り、当該年度の在籍期間が6カ月に満たない場合は年会費を半減することができる。

第8条(入退会)本会への入退会に際しては理事長あてに入会届、退会届を提出するものとする。
第9条(役員)本会に理事若干名、監事2名をおく。理事、監事の選出は総会において行う。理事、監事の任期は2年とし再任を妨げない。
 Ⅱ 本会の理事は互選により会長1名、副会長1名、理事長1名を選出する。
会長は本会の方向性を示唆する。副会長は会長を補佐し会長に事故あるときはその職務を代行する。理事長は本会の代表権を有し会務を統括する。

 Ⅲ 理事長は理事のうちから副理事長1名、常務理事1名、総務、広報、会計等必要業務の担当を委嘱する。副理事長は理事長を補佐し理事長に事故あるときはその職務を代行する。常務理事は事務局を統括する。
 Ⅳ 理事は理事会における各議案を審議するほか、理事長から委嘱された職務分担に基づき、本会の会務を執行する。
 Ⅴ 監事は本会の会計を監査、結果を総会に報告する。
第10条(顧問)当会は理事会の承認を得て顧問若干名を委嘱することができる。
第11条(報酬)本会の役員は無報酬とする。
第12条(事業年度)本会の事業年度は4月1日から翌年3月31日までとする。
第13条(会議)本会の総会は当該事業年度終了の日から2ヵ月以内に開く。総会の議長は理事長がこれにあたる。
総会においては
1 会則の変更
2 理事、監事の選出
3 過年度事業報告及び決算報告
4 当該年度事業計画及び予算の承認
5 会費額の変更
6 組織の変更その他運営上の重要事項
の議決を行うものとし、各議案は出席会員の過半数の賛成をもって決するものとする。

 Ⅱ 理事会は年2回以上理事長が必要に応じ開催する。理事会は理事長が招集し議長となる。
理事会においては
1 総会に付議すべき事項
2 総会の議決した事項の執行に関する事項
3 その他総会の議決を要しない会務に関する事項
の議決を行うものとし、各議案は出席理事の過半数の賛成をもって決するものとする。

第14条(会則の解釈)本会則の解釈ならびに本会則の定めのない事柄に関しては理事会の決定に従う。
第15条(議事録)総会及び理事会の議事録は事務局において作成し理事、監事が閲覧した後事務局において保管するものとする。
附則 1 本会則は平成28年9月19日から実施する。
   2 本会則は平成29年4月30日に改定。
   3 本会則は平成30年5月7日に改定。
   4 本会則は令和元年5月12日に改定。

○年会費の振込先
   百五銀行・津駅西口支店
   普通預金 421133
   齋藤拙堂顕彰会
ゆうちょ銀行・津観音寺
   〇八九支店 (店番89)
   当座預金 0188454
   齋藤拙堂顕彰会

ゆうちょ銀行・津観音寺
   店名 二二八 (店番228)
   普通預金 3358357
   齋藤拙堂顕彰会

齋藤拙堂顕彰会名簿

齋藤拙堂顕彰会役員
役職名氏   名
会長加藤 龍宗
理事長飯田 俊司
常務理事会計安村久仁男
理事(広報)伊藤 誠司
理事(書道展)稲垣 武嗣
理事岡  重夫
理事小川 直紀
理事小林 貴虎
理事(総務・企画)種田 真山
理事(俳句短歌展)中川佐和子
理事林  朝子
理事(広報)藤貴 靜扇
理事水谷 忠文
理事(会員募集)三藤 治喜
理事(俳句短歌展)山崎 満世
理事米田 豊山
監事國分 昭男
顧問前葉 泰幸(津市長)
顧問伊藤 歳恭
顧問齋藤 正和
顧問中川 禎二

齋藤拙堂顕彰会法人会員

26

株式会社百五総合研究所
伊藤印刷株式会社
二松学舎大学松苓会三重県支部朋友会
株式会社百五銀行
(公)日本吟道学院水心会
三重交通株式会社
百五リース株式会社
(公)日本詩吟学院津岳風会
岡三証券株式会社津支店
株式会社ZTV
百五証券株式会社
株式会社刀根菓子館
錦水流淡翠吟詠会
水洋流詩吟朗詠会
株式会社百五カード
藤貴流扇和会三重県本部
ミフジ株式会社
比佐豆知神社
社会福祉法人三鈴会さくら保育園
株式会社ヘルシーファミリー
井村屋グループ株式会社
株式会社ぜにやH・C
株式会社ヘリテッジホームデザイン
株式会社辻工務店
三重トヨペット株式会社
一般財団法人三重県環境保全事業団

齋藤拙堂顕彰会個人会員

179